10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ キャプテン・アース第6話あらすじ感想 本当に・・すまないと思っている・・・ 

キャプテン6話


MBS 土曜25:58~
TOKYO MX 日曜23:30~
テレビ愛知 日曜25:35~ 
BS11 日曜27:00~ 他


※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
久部マサキ

巨大企業マクベス・エンタープライゼスのCEOである彼は、世界最高峰の人工知能パックを擁し、マシングッドフェローデザイナーズチャイルドといった画期的な新技術を次々と生み出していた。
地球に災厄をもたらそうとするキルトガングのアマラとモコを密かに援助し、自らもそれを利用し、人類を選別した理想郷を創りだそうとしていた。

が、それは、ある一面からだけ見た事情。
実際は、アマラとモコはおろか、パックにすら裏切られている始末。
誰もが羨む成功者は、ただの地獄のミサワだった・・。


<感想>
まぁ、久部さんは美人の秘書さんが最後に受け止めてくれそうだから、いいんじゃない?
アマラたちに、壮絶に使い捨てられてくださいよ

で、今回は本編に加えてCMまで解説が入るという、思い切った作り。
おかげで、それなりに状況が整理できたかな、と。
でもさぁ・・人類のリビドーを狙ってるって、それ、Hi-ERo粒子を集めてるペンギン帝国と一緒ですやん。
となると、最後はやっぱり・・LOVEで救える世界ってことか。

それにしても、やっぱり最初の予想通りというか、ダイミダラーのインパクトに割を食ってるなぁ。
シリアス要素が強ければ、シドニアの騎士とぶつかったろうし。
まぁ、2クール目が勝負だね。


キャプテン・アース VOL.1 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.1 初回生産限定版[Blu-ray]

キャプテン・アース VOL.2 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.3 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.4 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.5 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.6 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.7 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.8 初回生産限定版[Blu-ray]
キャプテン・アース VOL.9 初回生産限定版[Blu-ray]
関連記事

Posted on 2014/05/15 Thu. 22:19 [edit]

category: アニメ

TB: 2    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/284-500c93ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャプテン・アース TokyoMX(5/11)#06

第6話 キヴォトス計画 Prison called eternal 公式サイトから天海道でのどさくさにまぎれ行方をくらませた、テッペイの“父”エイジ。状況が刻一刻と変化するなか、キルトガングの襲来に備え、選ばれた人類だけを地球外へと脱出させる「キヴォトス計画」を推し進める“方舟派”は、計画の要となるハナの身柄を奪おうと企てる。種子島基地に監察官として派遣されていた広末レイトがハナを連れ去ろう...

ぬる~くまったりと | 2014/05/15 22:42

キャプテン・アース #6

ダイチの叔父さんが、ダイチを訪ねてグローブまでやって来るお話でした。 前回逃亡したエイジは、その後どこかに行方をくらませたようです。そしてダイチのケガも治り、シミュレータによる訓練が開始されていたのでした。そんな時、現在のダイチの保護者である叔父のトシアキがグローブへとやって来ました。トシアキは、ダイチが何か危険なことに関わっているのではないかと心配してやって来たのです。 そんな...

日々の記録 | 2014/05/15 22:24

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。