08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ 凪のあすから第25話あらすじ感想 つらいシーンなのに、口元の描き方のせいでえらくカワイイことに 

凪のあすから25話


TOKYO MX 木曜22:30~
KBS京都 木曜25:00~
石川テレビ 水曜26:20~ 
ニコニコ生放送 土曜23:00~ 他


※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
おふねひき ~アゲイン~

あの悲劇から5年。
少しずつ迫ってくる地上の滅びを食い止めるため、再び人々は立ち上がります
陸と海の対立もない今回は、準備もスムーズに進み、あっという間に本番目前に。

そんな折、ちょっとしたアクシデントから美海は5年前に海に溶けたまなかの想いを知ります。
それは、まなかが紡にだけ打ち明けた、自分の本当の気持ち。

どうして話してくれなかったのかと、問い詰める美海に紡は答えるのでした。

「訊かれなかったからさ。知らなければ知らないままで、何の不都合もないからね。事実、あのマミでさえ最後まで気づかなかった」

あ、「言わないで」って言われたからでした。


<感想>
光に羞恥プレイを強要しながら、その行為で自分自身を傷つけるとか・・。
なのかなのか、美海さん、ハイブリッドな趣味をお持ちですね。

そして、一方、紡の攻めに寄り切られてしまったちさきさん。
「ダメ・・」の言い方、最高にエロいです。
もうこの後は「セッ○ス!」しかないよね・・たとえ、要が下にいるんだとしても

さらに、まなかさん・・そのタイミングでのありがとうは、晃のかんちょうに対しての言葉に聞こえてしまいますよ。
・・今回ツッコミどころが多すぎです。

話の展開は、定石を踏んでる感じですかね。
「自分だけが」とか言ってるちさきが無事なとこまで含めて
でもって、次回予告の雰囲気からすると・・大丈夫だよね?
あの絵が火の鳥未来編でないことを祈りたいです。

ちなみに、最終回サブタイトル、どうしちゃったんでしょうか。
どこかのアパレルのキャッチコピーみたいなんですが。


凪のあすから 第1巻 (初回限定版)
凪のあすから 第1巻 (初回限定版)

凪のあすから 第2巻 (初回限定版)
凪のあすから 第3巻 (初回限定版)
凪のあすから 第4巻 (初回限定版)
凪のあすから 第5巻 (初回限定版)
凪のあすから 第6巻 (初回限定版)
凪のあすから 第7巻 (初回限定版)
凪のあすから 第8巻 (初回限定版)
凪のあすから 第9巻 (初回限定版)
関連記事

Posted on 2014/03/30 Sun. 12:54 [edit]

category: アニメ

thread: 凪のあすから  -  janre: アニメ・コミック

TB: 5    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/259-16b425da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第25話「好きは、海と似ている」

第25話「好きは、海と似ている」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2014/03/30 19:38

凪のあすから 第25話「好きは、海と似ている。」

海は好きに似ている、さまざまな想いを溶け込まして…。 再びのおふねひき。 海神はやはり犠牲を必要としちゃうのか(^^;   ぬくみ雪の脅威を少しでも抑えるため、そしてまなかの気持ちを取り戻すため、 光たちは再びおふねひきをすることに決める。 祭りの前日、皆が準備をする中おじょしさまに着けられた赤ウミウシのペンダントに まなかの“好き”が詰まっていると聞かされた晃は、突然...

空 と 夏 の 間 ... | 2014/03/30 19:09

凪のあすから 第25話「好きは、海と似ている。」

第25話「好きは、海と似ている。」 今回はOPなしです。 アキラがまなかへの気持ちを引き摺ってますねぇ。 おじょしさまに付けられたペンダントにはまなかの好きが詰まっている。 まなかの好きを奪って逃走を謀ったアキラは転んでがペンダントを海に落としてしまう。 ペンダントを追って海へ飛び込んだ美海と紡。 まなかがウミウシに語った気持ちが海の中へ溢れ出す。

いま、お茶いれますね | 2014/03/30 14:37

凪のあすから #25

いよいよ「おふねひき」です。そして全てが動き始めました。 「おふねひき」の準備が進められています。そこへやって来た晃に「おじょしさま」を見せてあげたら、その胸についていたウミウシのペンダントをはぎ取ってしまいました。晃の手からこぼれたペンダントは、海へと沈んでいきます。美海はそれを必死で追いかけました。そして石の中に込められていた、まなかの思いを知ったのでした。まなかも光のことが好きだ...

日々の記録 | 2014/03/30 13:13

凪のあすから #25

『好きは、海と似ている。』

ぐ~たらにっき | 2014/03/30 13:10

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。