10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

映画 ムーンライズ・キングダム感想 こんな思春期なら土下座してでも戻りたい 

ムーンライズ・キングダム

2013年2月上映。
アメリカの映画。


※ちょっとだけネタバレ要素あり



思春期ボーイミーツガール2人で逃避行
まぁ、誰もが憧れるシチュエーションですよ、たぶん。
それに、予告の映像見てるだけでも漂ってくるシャレオツ感

いきなり断言しよう。

デートのために作られた映画です、これは。

(管理人は1人で見ました)

ストーリーはニューペンザンス島という、どっかの田舎でキャンプを張っていたボーイスカウト隊から主人公が逃亡し、同時に島に在住するある家族から長女が家出をする、というところからスタートします。
その後、いろんなドタバタ劇があって、最後は大団円
要するにシンプルな映画です。
肩の力を抜いて楽しめるよ。

お決まりのパターンじゃん、とか思います?
でも、そういうストーリーをちゃんと作れるのって、今の時代には意外と難しいんじゃないですかね。
特に邦画では、途中で鬱展開→最後に感動、みたいなのばっかりでしょ。
もうちょっと頭使えよ、と

また、愚痴になりかけたので仕切りなおし。

この「ムーンライズ・キングダム」、監督はウェス・アンダーソンという人です。
僕は初めてこの人の映画を見ましたけど、なんていうかインテリな感じの映画を撮るなぁ、と。
引きの画とかカメラの動きとかは舞台人形劇みたいだし。
たぶん、小道具だったり、シーン自体にも意味付けやパロディがありそう
過去作もこういう作風なのかな?
ちなみに、僕には仕掛けがさっぱりわかりませんでした。

これから彼女とこの映画を見ようと思ってる人。
仕掛けのネタを下調べしておきましょう。
見終わった後に飯でも食いながらドヤ顔で解説ができますぜ。
ウザがられるかもしれませんが、そんなの別にいいのだ!
そういうのを楽しめる人に向けてる演出なんだろうし、監督自身も「こういう作り込みができるオレかっけー」とか思ってるから、きっと。

だからといって、細かいとこに目がいく人以外は寝るしかないのかというと、そんなことはないです。

大人役の豪華ベテラン勢(ビル・マーレイ老けたなぁ)はもちろんのこと、子役たちもいい
個人的には、やっぱりヒロインにMVPですかね。
インパクトのある眼をしてるし、少女から大人へという微妙な感覚をルックスでも演技でも見事に表現していたと思います。

特に下着姿の妙な色気がね・・。

管理人は断じてロリ○ンではないが、ヒロインの下着シーンでは画面への集中度が3割上がったことを告白しておきます。

感想、以上。
冒頭にも書いたが、デートで見るならこの映画
これにケチをつけるようなパートナーは人格的にどこか問題があるので、付き合い自体を考えなおした方がいいでしょう。

最後に。
この映画のプロモーションはおおむね間違ってないんじゃないでしょうか。
予告の映像と、映画本編の印象にギャップはなかったです。
いや、前に感想書いた「ライフ・オブ・パイ」プロモーションのミスリードっぷりがあんまりだったもんで、また書いちゃいました。


Moonrise Kingdom [Soundtrack]
Moonrise Kingdom [Soundtrack]
関連記事

Posted on 2013/02/10 Sun. 18:06 [edit]

category: 映画

thread: 映画レビュー  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/22-79b79e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。