10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ 凪のあすから第13話あらすじ感想 お姉ちゃん溺れないんだから、もうちょっと根性出そうよ・・ 

凪のあすから13話


TOKYO MX 木曜22:30~
KBS京都 木曜25:00~
石川テレビ 水曜26:20~ 
ニコニコ生放送 土曜23:00~ 他


※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
要が炸裂させた爆弾、そして迫り来る冬眠という現実。
あっぷあっぷになった挙句に、またしても紡に釣り上げられてしまったまなかでしたが、紡へ告白には至らず、憧れを遠回しに伝えて終了となります。
そして、海村に戻ってくると、今度は光から改めてその想いが。

それを聞いて心の中で何かを決めたまなかはものすごいフラグをぶっ立てて、その場を去るのでした。


<感想>
あらま、お姉ちゃんじゃなくて、まなかかよ!
EDの絵は飲み込まれた後のまなかってことかぁ。
しばらくは舞台から退場なのかしらん。

ということで、前半戦終了なわけですが、後半はどういう展開になるのかねぇ。
光はこれ以上成長すると悟りを開いちゃうから、他のキャラたちが成長してく感じか?
ただ、次回は暗くなりそうだな・・あかりは確実に自分を責めるだろうし・・。
要は・・さすがに殺っちゃったら、お話がもう浮上できないっすよ
そう思いたい。ていうか、お願いマリー!
ここまでいい感じできたんだから、ぶち壊さないで!


凪のあすから 第1巻 (初回限定版)
凪のあすから 第1巻 (初回限定版)

凪のあすから 第2巻 (初回限定版)
凪のあすから 第3巻 (初回限定版)
凪のあすから 第4巻 (初回限定版)
凪のあすから 第5巻 (初回限定版)
凪のあすから 第6巻 (初回限定版)
凪のあすから 第7巻 (初回限定版)
凪のあすから 第8巻 (初回限定版)
凪のあすから 第9巻 (初回限定版)
関連記事

Posted on 2013/12/28 Sat. 23:11 [edit]

category: アニメ

thread: 凪のあすから  -  janre: アニメ・コミック

TB: 4    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/203-da15bdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」

1クール目の終わりの今回、怒涛の展開となりました。 運命の渦は、まなか達を飲み込み…どこに運んでいくのか? 目が離せません! でも次回は放送休止です(^^; 家でまなかのことを思い出していた光は、シオシシオに戻った彼女に改めて自分の気持ちを伝える。 まなかも光に何かを伝えようとするが、「おふねひき…終わったら言うね」 と微笑み答えるだけだった……。 「おふねひき」当日...

空 と 夏 の 間 ... | 2013/12/30 00:45

凪のあすから 第十三話 「届かぬゆびさき」

凪のあすから 第十三話 「届かぬゆびさき」です。 年末作業のお手伝いをしていて、

藍麦のああなんだかなぁ | 2013/12/29 09:13

凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」

第13話「届かぬゆびさき」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2013/12/29 08:36

凪のあすから 第13話「届かぬゆびさき」

凪のあすからの第13話を見ました。 第13話 届かぬゆびさき 家でまなかのことを思い出していた光は汐鹿生に戻ったまなかに改めて自分の気持ちを伝える。 「さっきはいきなりごめんな。なんか勢いっつうか頭に血が上ったまんま口に出しちゃってさ、ホント成長してねえっつうか…。そんだからもっとちゃんと言っとこうと思ったんだ」 「ちゃんと?」 「俺、やっぱりまなかが好きだよ。まな...

MAGI☆の日記 | 2013/12/29 07:10

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。