06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ映画 かぐや姫の物語あらすじ感想 まぁ、罪があるのは竹取の翁の方だと思うんですけどね 

かぐや姫の物語


2013年11月上映。
日本の映画。

※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。
野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。
名をば、さぬきの造となむ言ひける。

その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。
あやしがりて寄りて見るに、筒の中光りたり。
それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり

翁言ふやう、「我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。子となり給ふべき人なめり」とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。
妻の嫗に預けて養はす。
うつくしきことかぎりなし。
いと幼ければ籠に入れて養ふ。


<感想>
この作品、予告を2バージョンとも映画館で見たんですけど、実によかった。
かぐや姫が走ってる方は「疾走感も景色の描写もすげえ」だったし、かぐや姫の成長ダイジェストの方は桜の木の下で回ってるところで軽く泣きそうになりましたよ
なんていうか、絵面が美しくて、姫が幸せに満ち満ちている感じが素晴らしかったんですな・・最近こういうのに弱い。
まぁ、あの筆書きの線画が手抜きだと思う人は・・京アニで楽しんでてねって感じですかね。

そんなこんなで期待がふくらみまくった状態で本編を迎えたわけです。
で、結果からいうと・・予告を超えるインパクトは得られなかったかな。

かといって、この作品がダメというわけじゃないですよ。
むしろ、かぐや姫を現代的な話として見るには決定版といってもいいかも。

お話の筋は元のまんまで、月に帰りませんでしたみたいなオリジナルのエンディングもないです。
ただ、原作ではほぼ語られないかぐや姫の人間性がきっちりと描かれてます。
ちなみに、ジブリというよりは「ハウス食品・世界名作劇場 かぐや姫の物語」という感じかな。
・・・この例えがわかる人ってもう中年しかいないのかな。

というわけで、その後も「小公女セーラ」のような展開が続きます。
里山でのびのびと育っていたかぐや姫。
しかし、成金になって舞い上がってしまった翁に都に連れられ都へ。
東京砂漠ならぬ京の都の喧騒の中で、それに反発しながら、いつしかかぐや姫は自分を見失っていってしまいます
そして、あることをきっかけに「ここにいたくない!」と突発的に願ってしまったために、月の世界が動き出す・・というわけ。

ストーリーについての個人的な感想としては・・・キャッチコピーのようになんらかの罪がかぐや姫にあるとは思えないんだけどなぁ。
まぁ、ここ何作かのジブリのコピーって、客引きばっか狙ってて、内容とズレてね?っていうのばっかだけど。
とにかく、小物の翁に振り回されちゃっただけなのに悩んじゃってかわいそうに、と。
でも、今の世の中では「機会はいくらでもあったのに動かなかったかぐや姫が悪い。自己責任じゃね?」ってことになっちゃうんですかねぇ?・・イヤだわぁ。
そうやってかぐや姫が人間社会の中でもがく辺り、非常に現代的なお話になってると思いますよ。

それでもって、人物の表情これがとにかく素晴らしい
特にかぐや姫は明から暗までころころ変わります。なおかつ、そのひとつひとつに華がある
他にも、ちょっとしたしぐさだったりとかでも、感情の動きがきっちりと出てるし・・さすが「ハイジ」とかやってただけあるなぁと。

まぁ、僕は中学生くらいで「火垂るの墓」を見て、名作かもしれないが、こんな暗い作品はもう見たくないと思ったものですけど、今回のかぐや姫なら十分におすすめできます
時期的にそろそろ上映期間終わりそうですけど、ぜひぜひ。

ちなみに、この話の男たちって笑っちゃうくらいクズ揃いだね。
とにかく終始ぶっとばしたかった竹取の翁、数分前まで妻子といたのに迷うことなくかぐや姫と逃げようとした捨丸、地獄のミサワにでてきそうな公達たちもまぁひどい・・。


かぐや姫の物語 ビジュアルガイド
かぐや姫の物語 ビジュアルガイド
関連記事

Posted on 2013/12/23 Mon. 16:38 [edit]

category: アニメ

thread: 感想  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/200-ec611355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。