04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ 凪のあすから第9話あらすじ感想 このシーン、花澤さん的にはNGテイクでしょうが、使われてしまったようですな 

凪のあすから9話


TOKYO MX 木曜22:30~
KBS京都 木曜25:00~
石川テレビ 水曜26:20~ 
ニコニコ生放送 土曜23:00~ 他


※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
降るはずのない地上のぬくみ雪
一抹の不安を覚えながらも、光たちはおふねひきを自分たちでやるために再びおじょしさまセットの仕上げを始めます
紡の家での工作合宿の中、またしても妖しく交差する好意の矢印

が、しかし。
どうやら、それどころではない状況が起ころうとしていました。
うろこ様の口から語られる「まがつごと」とはいったい・・。


<感想>
ちさきちゃん・・自分の希望を飲み込むってのは、大人になるっていうより、社畜になるってことなわけで・・。
むしろ、歳を重ねるにつれ、複雑かつ広がっていく人間関係の中で自分の希望をどうやってうまく実現するかが大人の真骨頂なのよね・・難しすぎっす。

なんか本格的に異変が起こってきたわけですが、そんな中で、光・・やっちまったねぇ
まぁ、でもしょうがないよ。
中学生の男があの状況で女の子と二人きりでしょ。
もうビンビンですよ。
まなかが何故光をはねのけたのか、これでわかったね・・・ゲスな話で申し訳ない。

しかし、緊張感を増してきた物語の中で、一人変わらずドケチな担任の先生
ある意味、安心しますな・・でもラーメンくらいサッとおごれよ。


凪のあすから 第1巻 (初回限定版)
凪のあすから 第1巻 (初回限定版)

凪のあすから 第2巻 (初回限定版)
凪のあすから 第3巻 (初回限定版)
凪のあすから 第4巻 (初回限定版)
凪のあすから 第5巻 (初回限定版)
凪のあすから 第6巻 (初回限定版)
凪のあすから 第7巻 (初回限定版)
凪のあすから 第8巻 (初回限定版)
凪のあすから 第9巻 (初回限定版)
関連記事

Posted on 2013/12/01 Sun. 20:33 [edit]

category: アニメ

thread: 凪のあすから  -  janre: アニメ・コミック

TB: 6    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/193-c57c7f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凪のあすから 第9話

「知らないぬくもり」 この先訪れるまがつごとについての話じゃ

日影補完計画 | 2013/12/01 23:58

凪のあすから #9

地上にぬくみ雪が降った時、世界に何かが起きるようです。地上にぬくみ雪が降りました。海の村では、村人がうろこ様と共に何やら相談しています。そんなこととは知らず、地

日々の記録 | 2013/12/01 23:19

凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」

第9話「知らないぬくもり」 夏なのに地上に降る雪。 特に異常気象だと騒ぐ様子がない。この世界では夏の雪は異常事態ではないのか? お船引きの話は物別れに終わったが、自分たちだけでもやり遂げようと盛り上がる中学生達。 対して海ではうろこ様を囲んでなにやら深刻な話し合いの場が持たれる・・・ おじょし様を乗せる船は紡のおじいさんが貸してくれることになり、みんなでお船引...

いま、お茶いれますね | 2013/12/01 22:13

凪のあすから #09

『知らないぬくもり』

ぐ~たらにっき | 2013/12/01 22:09

凪のあすから 第9話

第9話 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Happy☆Lucky | 2013/12/01 21:58

凪のあすから 第9話「知らないぬくもり」

凪のあすからの第9話を見ました。 第9話 知らないぬくもり 薄く積もった“ぬくみ雪”を集めて雪ウミウシを作って遊ぶ美海とあかりを眺めながら光は海村と一人残った父・灯が酒ばかり飲んでいないか心配していた。 その頃、海村では男衆が公会堂に集まり、神妙な顔つきでうろこ様に目を向けていた。 宮司である灯が声をかけると、うろこ様は小さく息を吐き、真剣な表情でこの先訪れる禍事につ...

MAGI☆の日記 | 2013/12/01 21:39

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。