08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2013年夏期アニメ まとめて感想 その1 

2013年夏期も終わりましたねぇ・・時間の経つのは早いもので。

今期、当ブログでは「たまゆら~もあぐれっしぶ~」「Free!」「Fate/kaleid liner プリズマイリヤ」「戦姫絶唱シンフォギアG」の4作品の感想を書いてきましたが、言わずもがな、それ以外の作品も見ております。
てことで、まとめて感想です。

並び順は日曜日から土曜日までの僕が視聴してきた順番です。
管理人ランキングとかではないので、あしからず。


・有頂天家族
管理人は森見登美彦作品をそこそこ読んでいるわけなんですが、この有頂天家族は一番好きな作品だったりします。
んなもんで、事前に出てたキャラデザにウダウダ言っていたわけですが・・実際に放送が始まってみれば、そんな違和感はどこへやら

ケチをつける気になれたのも最初の2、3話くらいで、あとは完全にどっぷりはまりこみました
恐るべしP.A.WORKSの演出力
むしろ、今の不安はここ数年の原作者のコンディションで仕上げられる有頂天家族2の出来の方になりました。
これも杞憂であってくれることを願う。

ちなみに、次にアニメ化するとしたら・・たぶん「夜は短し歩けよ乙女」だろうが、個人的には「恋文の技術」をやってほしい。
手紙の文面で進む物語ををどんな映像にしてくれるのか、いろいろ妄想がふくらみます。

・進撃の巨人
原作を見たことがある人にはわかってもらえると思うが、まぁ、お世辞にも絵が上手い作品とは言えないわけですよ。
それに起因する様々な不満がアニメ化によって払拭されることを期待していたわけですが、スタッフさんは見事に応えてくれたと思います
このアニメのおかげで立体機動の迫力もわかったし、エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイ以外は男、女という区別しかできなかったキャラたちもそれぞれ名前をもった個人として認識することができるようになった。
ありがとうございます。

・ファンタジスタドール
1話を見た時はなんでこの時間にやる必要があるのかと思ったわけですが、3ヶ月後の今、その意見は真逆に
回を重ねるごとに次々と繰り出されるシュールというか不条理な演出の数々
母親が自分の娘(ヒロイン)に対して「あなたを産むことはあたしにとって博打だった」と言い放つとか、虚淵作品でも出てこないだろ。
もう、面白すぎてたまりませんわ。
気がつけば、今期でほぼ唯一といっていい「次回が待ち遠しい作品」に。
2期もやってほしいけど・・ちょっとニッチすぎるかなぁ。

・ロウきゅーぶ!SS
1期は見てないもののネタとしては知ってたので、今回は見てみました。
まぁ、ヒドイ。スタッフさん攻めすぎ。
ただ、ネタとしてはともかく、ストーリーがいまいちだったなぁ、と。
最後の方は流し見しちゃいました。

・ブラッドラッド
主人公の声優が同じだったり、マンガ・ゲームが好きだったりしたのではたらく魔王さま!と同じ系統かと思いきや、普通の少年マンガだった
いちおう見てたけど、引っかかるものがなかったなぁ・・。
ていうか、ラッド(ラッディズム)ってもっと適当で怠惰なものだと思うの・・ヒロインのためにこんな東奔西走しないでしょ。


(続く)
関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 18:54 [edit]

category: アニメ

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/170-072ece0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。