09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ 戦姫絶唱シンフォギアG第10話あらすじ感想 もうダメ!次々と繰り出されるスタッフの悪ふざけに窒息寸前! 

シンフォギア10話


TOKYO MX 土曜22:30~
毎日放送 木曜26:35~
テレビ愛知 木曜27:05~ 他


※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
囚われていたはずの未来は、あろうことかシンフォギア装者となって響たちの前に現れる。
その身にまとうのは彼女の想いを利用したウェル博士の手によって強制的に装着された神獣鏡だった。

未来と戦闘を開始するクリスと翼だったが、その圧倒的な出力と調をかばう状況に次第に防戦一方に追い込まれていく
さらにウェル博士がノイズを放ったことにより戦場は絶望的な様相を呈する。

それを見ていた響は、ある決意を風鳴司令に告げるのだった。


<感想>
もう、ヤバいよ!
視聴者的ツッコミをマムに言わせるし、杉田さんのゲス演技は冴えまくりだし、翼さんなぜかカタパルト使うし、未来の技名めっちゃ読みやすいし、緒川さん水面走っちゃうし、なによりそれらのボケを配置するポイントが絶妙すぎる!

まぁ、そういう演出ができるのもしっかりした戦闘シーンが担保されてるからだと思うけどね。
それに相変わらず響のセリフや演技がいい
どんなにひどいシチュエーションになっても安心して見られますわ
鬱まっしぐらな「幻影ヲ駆ケル太陽」とはまさに対照的な作品だね・・まぁ、あっちは早い段階から「そういうもの」感を出していたから、別にありなんだけどね。

しかし、今度はクリスちゃんが劇画タッチかぁ・・いったいどんな自己都合を言い出すんだろうか
ていうか、いちおう仲間なんだから撃つのは1発にしてあげてよ・・4発超えたら完全に怨恨の線が濃厚だぞ。


戦姫絶唱シンフォギアG 1  [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアG 1 [Blu-ray]

戦姫絶唱シンフォギアG 2 [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアG 3 [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアG 4 [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアG 5 [Blu-ray]
戦姫絶唱シンフォギアG 6 [Blu-ray]
関連記事

Posted on 2013/09/08 Sun. 13:54 [edit]

category: アニメ

thread: 戦姫絶唱シンフォギアG  -  janre: アニメ・コミック

TB: 1    CM: 2

08

コメント

忍者最高! 

確かに今回は爆笑しました。
シリアスも本気とギャグも本気、セルフの持ってき方も本気でしたからね。
もう、緒川さんの登場時の忍!のポーズで大爆笑しましたし。

>4発超えたら完全に怨恨の線が濃厚だぞ。
あれは確かに撃ち過ぎだと思いました。(笑)
跡が残ったらどうするんだ!(←違!)って。

URL | 「の」の字 (Letter"α") #v6O6VgHs | 2013/09/08 14:40 | edit

「の」の字様 

コメントありがとうございます。

緒川さんについては、登場はもちろん、去り際の変な残像感と効果音、両脇で吊られてる調の表情にいたるまで完璧としか言いようがなかったですねぇ。

しかし、こうまでシリアスとギャグの上げ下げが極端だと声優さんたちも大変そうですな・・プロとして当たり前だとしても、よく吹かないもんです。

この作品はアフレコの様子を本当に見てみたいです。
円盤で丸々収録してくれないかな。

URL | オダアキ #- | 2013/09/08 21:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/156-67c3751a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1つのクライマックスが過ぎ、最後のクライマックスが幕を開ける…… (戦姫絶唱シンフォギアG 第10話視聴)

ガングニールの浸食によりもう変身できない状態の響に加え、 神獣鏡のシンフォギアをまとった未来。 そして状況の変化に翻弄される(ウェル博士を除く!)両陣営。 この状況で残り...

感想記 | 2013/09/08 14:44

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。