10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

とはずがたり ~サブカル雑記帳~

アニメと音楽の直情的な感想がメインです。たまに映画や美術、気になったことも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アニメ映画 風立ちぬ あらすじ感想 映画館がいっぱいじゃなければ普通に泣いてました 

風立ちぬ


2013年7月上映。
日本の映画。

※ネタバレ要素あり



<あらすじ>
堀越二郎は飛行機に憧れる少年である。
成長し、子供のころの目標のままに飛行機の設計者となった二郎。

物語は関東大震災、そして第2次世界大戦と、動乱の時代に揉まれながらも自らの理想とする飛行機を創りだそうとする二郎の人生を描く。


<感想>

美しい映画です。

なので、あんまりグダグダ語りません。
細かい「なんでだよ」はもちろんあるんですが、ストーリー・演出・絵・音楽の全てが素晴らしいので気になりません。
とにかく観てください。

今までの宮崎作品にはなかった感覚がありました。
でもって、その感覚は他の映画を含めてもそうそうあるもんじゃない。

あえて言おう、宮崎駿の最高傑作であると。

ちなみに、庵野秀明の演技は上記の理由により別にいいんじゃない?という感じ。
主人公の技術者にありがちな変人さは表せてたと思うし、素人ゆえのマジックみたいなものも、ここぞっていうポイントであったしね。

ヒロインの瀧本美織もいい雰囲気を出していたね。
ソニー損保には加入しないが俄然ファンになりました


風立ちぬビジュアルガイド
風立ちぬビジュアルガイド [単行本]
関連記事

Posted on 2013/07/23 Tue. 16:29 [edit]

category: 映画

thread: スタジオジブリ作品  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://tohazakki.blog.fc2.com/tb.php/125-9c1d3e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。